読書

「エンジニアのためのマネジメントキャリアパス」

エンジニアのためのマネジメントキャリアパス ―テックリードからCTOまでマネジメントスキル向上ガイド作者:Camille Fournierオライリー・ジャパンAmazon「エンジニアのためのマネジメントキャリアパス」を読んだ。やや面白かった。こういう米国の本は、たい…

「テスカトリポカ」

テスカトリポカ作者:佐藤 究KADOKAWAAmazon小説「テスカトリポカ」を読んだ。やや面白かった。南米の神様の話が長くて冗長だが、ストーリーが動き出すと面白い。日本版ブレイキングバッドじゃん。Netflixでドラマ化したら良い気がする。ただ、段々話が収集付…

「映画監督になる方法」

映画監督になる方法作者:曽根 剛言視舎Amazon若手映画監督に映画監督になったいきさつをインタビューした本「映画監督になる方法」を読んだ。やや面白かった。結論から言うと実写邦画映画監督になる典型的なルートというものはなく、撮り続けて何かの賞にひ…

「白鳥とコウモリ」

白鳥とコウモリ作者:東野 圭吾幻冬舎Amazon東野圭吾の小説「白鳥とコウモリ」を読んだ。やや面白かった。相変わらずの読みやすさで、途中までは面白かったのだが、中だるみしてしまい、話が長いというのもあって、最後の方はふーんって感じになってしまった…

「Hit Refresh マイクロソフト再興とテクノロジーの未来」

Hit Refresh(ヒット リフレッシュ) マイクロソフト再興とテクノロジーの未来作者:サティア・ナデラ,グレッグ・ショー、ジル・トレイシー・ニコルズ日経BPAmazon「Hit Refresh マイクロソフト再興とテクノロジーの未来」を読んだ。可もなく不可もなく。マイク…

「格差と分断の社会地図 16歳からの〈日本のリアル〉」

格差と分断の社会地図 16歳からの〈日本のリアル〉作者:石井 光太日本実業出版社Amazon格差の本を読んだが、イマイチだった。全体的にあまりまとまりがない。あと、本のレイアウトで、強調したいとこを太字蛍光線にするの、安っぽいまとめサイトみたいのが気…

「機械学習をめぐる冒険」

機械学習をめぐる冒険作者:小高 知宏オーム社Amazon「機械学習をめぐる冒険」を読んだ。可もなく不可もなく、というか、難しくてよう分からんかった。

「透明な螺旋」

透明な螺旋作者:東野 圭吾文藝春秋Amazon東野圭吾のガリレオシリーズ「透明な螺旋」を読んだ。やや面白かった。相変わらず読みやすくて引き込まれるのだが、今回のはストーリーが地味なのと、展開の都合が良いのが気になった。

「新海誠の世界 時空を超えて響きあう魂のゆくえ」

新海誠の世界 時空を超えて響きあう魂のゆくえ作者:榎本 正樹KADOKAWAAmazon書籍「新海誠の世界 時空を超えて響きあう魂のゆくえ」を読んだ。やや面白かった。と言っても分厚くてやや冗長なので読みたいとこを飛ばし飛ばし読んだ。濃いとも言えるがライト層…

「ストーリーで学ぶ ネットワークの基本」

ストーリーで学ぶ ネットワークの基本作者:左門 至峰インプレスAmazon「ストーリーで学ぶ ネットワークの基本」を読んだ。機器の写真や具体的なルーターの商品名とか出てきてわかりやすい。L2スイッチとL3スイッチの違いの説明の具体例が良い。

「音楽が未来を連れてくる」

音楽が未来を連れてくる 時代を創った音楽ビジネス百年の革新者たち作者:榎本幹朗DU BOOKSAmazon世界の音産(音楽産業)の歴史についての書籍、「音楽が未来を連れてくる」を読んだ。やや面白かった。面白い話とそれほどでもない話が混ざってて、全体的にや…

「伝わる英語表現法」

伝わる英語表現法 (岩波新書)作者:長部 三郎岩波書店Amazon「伝わる英語表現法」を半分くらい読んだ。やや面白かった。前半の英語と日本の構造的な違いは面白いが、後半が段々難しくなっていった。

「ドキュメント 候補者たちの闘争 選挙とカネと政党」

ドキュメント 候補者たちの闘争――選挙とカネと政党作者:井戸 まさえ岩波書店Amazon井戸まさえさん著、選挙ドキュメンタリー本「ドキュメント 候補者たちの闘争 選挙とカネと政党」を読んだ。やや面白かった。自民党がいかに小選挙区制の選挙戦術に長けてるか…

「硝子の塔の殺人」

硝子の塔の殺人作者:知念 実希人実業之日本社Amazon本格ミステリ小説「硝子の塔の殺人」を読み始めたが、つ、つまらない。。。50ページは我慢して読もうと思ったがキツい。ひたすら本格ミステリのWikipediaを読み上げるかのような圧倒的な説明文が延々と続く…

「人生100年時代 歯を長持ちさせる鉄則」

人生100年時代 歯を長持ちさせる鉄則(ルール) ーー 健口と健康の3原則作者:魚田 真弘クロスメディア・パブリッシング(インプレス)Amazon歯科の本「人生100年時代 歯を長持ちさせる鉄則」を読んだ。可もなく不可もなく。炭酸水は歯に悪いの初めて知った。歯磨…

「死体格差 異状死17万人の衝撃」

死体格差 異状死17万人の衝撃作者:山田 敏弘新潮社Amazon法医学の社会問題を論じた本「死体格差 異状死17万人の衝撃」を読んだ。わかりやすくて面白かった。タイトルが国内地域問題みたく見えるので別のタイトルの方が良かったかも。

「ルワンダ中央銀行総裁日記」

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)作者:服部 正也中央公論新社Amazon50年前の新書「ルワンダ中央銀行総裁日記」を読んだ。面白かった。中央銀行とは何かというのをルワンダという小国を例に実践した記録で面白い。通貨の安定には経済発展が必要で、ボトル…

「実力も運のうち 能力主義は正義か?」

実力も運のうち 能力主義は正義か?作者:マイケル・サンデル早川書房Amazonマイケル・サンデルの「実力も運のうち 能力主義は正義か?」を斜め読みで読んだ。やや面白かった。金持ちの子がより高学歴金持ちになる社会。「45歳定年制」みたいなのばっか出てく…

「ネットフリックス vs. ディズニー ストリーミングで変わるメディア勢力図」

ネットフリックス vs. ディズニー ストリーミングで変わるメディア勢力図作者:大原 通郎日本経済新聞出版Amazon書籍「ネットフリックス vs. ディズニー ストリーミングで変わるメディア勢力図」を読んだ。面白かった。ネットフリックスとディズニープラスを…

「NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生」

NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 (世界を変えた地図)作者:ビル・キルデイTAC出版Amazon書籍「NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生」を読んだ。面白かった。Googleマップのもとになった、キーホールアースビューアーの創業から、綱渡りの経営、Googleに…

「保身 積水ハウス、クーデターの深層」

保身 積水ハウス、クーデターの深層作者:藤岡 雅KADOKAWAAmazon「保身 積水ハウス、クーデターの深層」を読んだ。面白かった。地面師事件と積水ハウスクーデターの流れを客観的な裁判資料やインタビューから再構成していて、すげーなーと感心しながら一気に…

「すみません、2DKってなんですか?」

すみません、2DKってなんですか?作者:日下部理絵,小林義崇サンマーク出版Amazon書籍「すみません、2DKってなんですか?」を読んだ。面白かった。不動産取引のノウハウ集で、借りる、買う、売る、相続するみたいな場面での、原理原則と具体的なTipsが整理され…

「そもそも血糖値ってなんですか?」

そもそも血糖値ってなんですか?作者:福田千晶主婦の友社Amazon書籍「そもそも血糖値ってなんですか?」を読みました。面白かった。血糖値と銘打っているが、食事と栄養全般についての基本的な話を判りやすく書いてあって、知識のアップデートができました。一…

「OZmagazine 2021 鎌倉特集号」

OZmagazine 2021年5月号No.589やっぱり鎌倉が好き。 (オズマガジン)スターツ出版Amazon「OZmagazine 2021 鎌倉特集号」を読みました。可もなく不可もなく。毎年恒例鎌倉特集号で、内容はあまり代わり映えしない。そして、毎回思うのだが、店の紹介ごとに簡易…

「なぜデジタル政府は失敗し続けるのか 消えた年金からコロナ対策まで」

なぜデジタル政府は失敗し続けるのか 消えた年金からコロナ対策まで作者:日経コンピュータ日経BPAmazon書籍「なぜデジタル政府は失敗し続けるのか 消えた年金からコロナ対策まで」を読んだ。面白かった。官公庁や地方自治体の情報システムはなぜ失敗するのか…

「まるわかり! 行政のデジタル化」

まるわかり! 行政のデジタル化 デジタル庁からスマートシティ、スーパーシティまで (日経ムック)日本経済新聞出版Amazonデジタル庁の宣伝ムック「まるわかり! 行政のデジタル化」を読んだ。イマイチだった。まず冒頭インタビューの平井卓也デジタル改革担当…

「映画は撮ったことがない ディレクターズ・カット版」

映画は撮ったことがない ディレクターズ・カット版作者:神山 健治講談社コミッククリエイトAmazon神山健治監督の「映画は撮ったことがない ディレクターズ・カット版」を読んだ。面白かった。庵野監督との対談が目当てだったんだが、本編も再度読んだら面白…

「みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史」

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」作者:日経コンピュータ,山端 宏実,岡部 一詩,中田 敦,大和田 尚孝,谷島 宣之日経BPAmazon書籍「みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直…

「グッド・プレイス シーズン3」

filmarks.comドラマ「グッド・プレイス シーズン3」を見ました。可もなく不可もなく。というか、もうどんなストーリーだったか忘れちゃって、なんとなく見始めたのですが、結局、何がしたいのかよく判らないストーリーの合間に、小ネタで笑いを取る(でも米…

「林修の仕事原論」

林修の仕事原論 (青春新書インテリジェンス)作者:林 修青春出版社Amazon「林修の仕事原論」、斜め読みしたが、割と古くさい「お仕事べき論」みたいなのがつらつらと書かれていた。