「レボリューション -米国議会に挑んだ女性たち-」

www.imdb.com

映画「レボリューション -米国議会に挑んだ女性たち-」を見た。可もなく不可もなく。米国の選挙を描いたドキュメンタリー映画で、吹き替えでながら見したせいか、特にこれという話もなく終わってしまったような気がする。。。

「ザ・クラウン シーズン1」

www.imdb.com

ドラマ「ザ・クラウン シーズン1」を見た。面白かった。

Netflix が金と製作&制作力を全力投球した作品だけあって、圧巻のドラマだな。。。これと並行して大河ドラマ見るの辛いなあ。。。三谷幸喜の脚本力をしても、この製作&制作力の差は、如実に絵に出る。

内容も製作も凄まじい。世界最高峰の歴史ドラマと比べるのは酷だが、これ見た後NHK大河ドラマ観ると、製作費が2、3桁違うよなぁ、、、って思ってしまう。

エリザベス女王というと、お婆さんのイメージしかないのだが、これ観ると、イメージ変わるよな。

「アジズ・アンサリ: 人生は生埋め地獄」

www.imdb.com

スタンダップコメディ「アジズ・アンサリ: 人生は生埋め地獄」を見た。やや面白かった。ちょっと難しめのジョークが多かったが、判りやすいやつは大笑いできた。こういう米国スタンダップコメディが気軽に楽しめるの凄い。

五つ星レストランのプロポーズの話は大爆笑してしまった。

アジスアンサリのスタンダップコメディで、フォントに絡めたジョークが高度すぎる。コミックサンズとかウィングディングスとか言われても分からない。日本だと明朝体とゴシック体くらいしか通じなさそう。

黒人と手品の話とか全然判らなかったなぁ。。。黒人はマジックを見せられたときの反応がオーバーリアクションだ、っていう話があるのか。。。な?

このスタンダップコメディというのは、すごいな。2000人クラスの豪華なホールが埋まる。開演時間が11時? 一時間くらい喋っておしまい。アジスアンサリクラスだと、マジソンスクエアガーデンで、駆け出しは小さなバーみたいな小劇場で。

「アンブレイカブル・キミー・シュミット シーズン2」

www.imdb.com

アンブレイカブル・キミー・シュミット シーズン2」を見た。イマイチだった。

アンブレイカブルキミーシュミット、相変わらず、訳がわからないが、ティナフェイがアル中精神科医役で出てきて、これがティナフェイのシットコムか、、、と思った。30ROCK見たい。お母さん役は、、、フィービー!?


「アンブレーカブルキミーシュミット」S2-3、いきなりタイタスが芸者ムラサキになって、日本語(当然変なアクセント)で歌い出してびっくりした。。。このシットコム、レベルが高くてなかなかついていけない。。。

このドラマ、OPの曲だけはかっこいいのにな。

「ドント・ルック・アップ」

www.imdb.com

映画「ドント・ルック・アップ」を見た。やや面白かった。ビッグ・バン・セオリーを金かけてハリウッドスターで社会派コメディ映画化したみたいな内容。最後の彗星のシーンは「君の名は」みたいだったな。

アメリカンブラックジョークが満載で、笑えるネタとそうでもないネタが満載。一見お気楽な映画なので、気楽に見えるが、色んな社会派ジョークが詰まっているので、なかなか見る側の力も問われる。

「TaoTronics SoundLiberty 92」


TaoTronicsのSoundLiberty 92を買った。音がとても悪い。

最初はSBCだから音が悪いのかと思ったが、iPhone(AAC)でも音が悪い。

どれくらい音が悪いかというと、他のTaoTronicsイヤホンがFMラジオだとすると、これはAMラジオレベルの解像度の低い音。

今までTaoTronicsの無線イヤホンを多く買ってきたが、どれも音がよく、TaoTronicsは音が良いイメージがあったのだが、これは例外だった。

このレベルものをTaoTronicsが製品化したのは、残念。

仕方ないので、ジョギング用に使ってみたら、付属の滑り止めマフみたいなの装着しても、耳から外れてしまう。重さのコントロールができてない。うーん、ほんとに使い道がない。