「ショウ・マスト・ゴー・オン(2022)」

www.siscompany.com

三谷幸喜の「ショウ・マスト・ゴー・オン(2022)」を見に行った。東京公演で代役なし。面白かった。主催者先行で当選したチケットのせいか、オペラグラスいらずのいい席。役者が豪華。マイクがないのか、ちょっと声が弱いかも、、、。

これはこれで面白かったが、正直サンシャインボーイズ版の方が良かった気がする。芝居版もTVドラマ版も全部台詞覚えてるくらい見たしな。。。昔見た方が思い出補正で勝つというのもあるが、サンシャイン版のほうが役がハマってた気がする。

あとちょっとサンシャイン版に比べると構成がゴチャゴチャしてるように感じた。例えば、演出家ダニエルの伝言役と脚本家の作家先生はサンシャイン版だと1人で両方やっていたのが、今回は2人に別れていて、現場に文句を言う似たような役が2つあって判りにくかった気がする。

今回はどちらかというと当時テレビでしか見られなかった伝説の芝居を見に行くという感じだった。チケット代も\11,000+先行手数料と、正直、たっかい。

できれば、マクベスでも忠臣蔵でもない、新しいショーマストゴーオンが見たかった。

サンシャイン版で白い服を着ていた進藤はなんで黒い服になったんだろう。

「震える牛」

警察小説「震える牛」を読んだ。面白かった。殺人事件の謎があんまり魅力的ではなかったが、楽しく最後まで読めた。オチはちょっと納得いかないなぁ。。。捜査一課長はもうちょっと堅いだろう。。。

「裁判とメディア」

www.imdb.com

ドキュメンタリーシリーズ「裁判とメディア」、1話だけ見たが、イマイチ。吹き替えドキュメンタリーだったので見始めたが、吹き替えじゃない英語字幕箇所が意外に多く、見づらい。内容は、若干冗長。

2話目も見たが、やはり吹き替えと英語音声が混在していて、ながら見ができないので、視聴中断。

「イマジニアリング~夢を形にする人々」

www.rottentomatoes.com

イマジニアリング~夢を形にする人々」、二話まで見た。特に東京ディズニーランドの開発話が出てくる第2話「ウォルトならどうするか?」は面白かった。最後15分くらいTDLの話で、それ以外はEPCOTの話。