読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「京都ぎらい」

読書 ☆☆☆★★

新書「京都ぎらい」を読んだ。
可もなく不可もなく。
出だしの話は面白い。京都には洛中と洛外があって、洛中の人間は洛外の人間に対する差別意識があるという話を歴史エッセイ風に綴っていて、そうなんだ知らなかった、面白いなぁ、、、と楽しく読めた。
「月曜から夜更かし」に出てくる京都人は本当に普通に存在するんだなぁ、、、と思いました。
ただ中盤以降がエッセイでもなく歴史考察でもなく京都に関するちょっと堅めの雑記が続いていて、途中で読むのがちょっとしんどくなってしまった。
webの連載記事として読むのがちょうどいいような内容かと思いました。
出だしは面白いけど、一冊の本としては若干まとまりに欠ける感じ。