読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「総理」

読書 ☆☆☆☆★

評伝「総理」を読んだ。
面白かった。
総理の政策の判断、遂行過程がつまびらかに綴られていて読み応えがあって楽しめた。
多くの政治屋や関係者が実名で登場し、政策や人事についてのやりとりや心情が書かれていて、政治って実際はこうやってるのか、、、みたいなのが面白かった。
これ読んで、安倍さんは真面目だなぁと見直したが、表紙を見れば判るように、この本は基本的に安倍さん礼賛本なので、そこはさっ引いて読む。
たとえば、三本の矢の三本目の行政改革は失敗というか何もできなかったことにはまったく触れずに、官僚をうまくコントロールした話が並ぶ。
あと、本に出てくる財務省の官僚を見ると、彼らは省益と天下り先の確保しか考えてない、クズばっかだということがよくわかる。