読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「相性」

山口百恵の次に三浦友和の語りおろしエッセイ「相性」を読んだ。
面白かった。
前書きで、この本は映画のパブリシティの一環であること、書き下ろしではなくインタビューエッセイであることを最初に断るところや、その内容からも三浦友和ってマジメなんだなぁと思った。
このエッセイで面白かったのは、自然体で仕事や生い立ち、夫婦生活について語っているところ。
ちなみに三浦友和の役で私が一番印象に残っているのは、アウトレイジの組長役なんだよな。すごいかっこよくて面白かった。最後の落ちぶれて殺されるシーンとか最高だった。