読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITストラテジスト試験(ST)の論文答案の書き方

はじめに

本エントリは、情報処理技術者試験の「ITストラテジスト」の論文答案の書き方をまとめたものです。
H21秋のST試験に合格したときに僕が実践した午後2の論文答案の書き方をまとめてみました。

その他の情報処理関連のエントリは[情報処理]タグからどうぞ

サマリー

基本的な論文作成のお作法は他の論文系試験と同じで、「答案構成を作って、構成通りの答案を作る!」というやり方です。

答案構成というのはシナリオとか下書きとかいうイメージで、法律系の試験勉強で習った答案作成法を応用したものです。(プログラムを書くための基本設計みたいなものです)

論文作成作業項目をもう少しブレイクダウンすると、

  1. 設問から採点基準を漏らさず抽出する。
  2. 採点基準に沿って、問題文から論点を構成する。
  3. 論点をつなげて答案構成を作成する。
  4. 答案構成通りに論文答案を作成する。

となります。論点と言うのは配点ポイントのことで、要は「問いに対する答え」です。この論点を積み上げて答案を作成します。

詳細は後述します。

準備

まず準備として過去問題集を買います。

この本、過去のレビューにもある通り午後1・午後2とも解答・解説がイマイチだったのですが、「テーマ別に分類された過去問集」として使う分には十分です。

問題と出題趣旨、採点講評だけならIPAのサイトからPDFでダウンロードできるので、手間を惜しまないならそれでも可。

あとは、論文本として「午後2最速の論文対策」という本があります

本書の答案作成法は、本エントリの作成法とほぼ同じです。この本で言う「設計書」は答案構成だし、「モジュール」は論点と置き換えられます。

しかも本エントリより判りやすいので、エントリを読んでも意味が判らなかったらこの本を買うといいと思います^^;

本書の例題で、本エントリと同じ「H21秋のST - 午後2 - 問2」の解説が載っているので、読み比べてみるのも面白いと思います。

過去問解説だけでなく、勉強法、試験対策全般を網羅したオススメ参考書です。

ただこの本の惜しむらくは、「設計書」の完成イメージが載っていないところ、でしょうか。

例題

実際の本試験の午後2では、3問の中から1問選んで解答するのですが、選択すべき問題は「書けるネタをたくさん持ってそうなもの」を選びます。

ネタさえ持っていれば実際に経験してなくてもいいですが、大抵「具体的に」と言われるので、経験したプロジェクトの方が具体的なネタを書きやすいというのは言わずもがなです。

今回は、私が前回本試験で解いたH21秋のST - 午後2 - 問2を例に説明してみたいと思います。以下、問題文全文。

問2 情報システム活用の促進策の立案について

 業務の効率向上や意思決定の迅速化などを目的に情報システムの導入を計画し、システム要件通りに導入したが、活用が進まず、導入の目的を達成できない場合がある。活用が進まない原因として、例えばつぎのようなことが考えられる。

  • 情報システムの機能を十分に活用するためのノウハウの共有が不十分で、利用者は一部の機能しか使っていない。
  • 利用部門の管理者のリーダーシップが足りないので、利用者に情報システムの利用を徹底できない。
  • 正確なデータがタイムリに入力されないので、必要とする情報が必要なときに入手できない。

 このような例では、活用を進めるための直接的な対策として、情報システム活用のノウハウに関するトレーニング、管理者の意識改革、データ入力チェックリストの制定などが挙げられる。

 しかし、直接的な対策だけでは、活用が進まないことがある。多くの場合、幾つかの原因があって、それらの間に関連があったり、隠れた原因があったりする。したがって、ITストラテジストは活用が進まない真の原因を分析し、有効な対策を検討する必要がある。その上で、実行手順・対象範囲・期間・体制などを明確にした情報システム活用の促進策を立案しなければならない。

 あなたの経験と考えに基づいて、設問ア〜ウに従って論述せよ。

  • 設問ア あなたが活用の促進策を立案した情報システムの概要と導入の目的について、事業や業務の特性とともに800字以内で述べよ。
  • 設問イ 設問アで述べた情報システムが活用されない真の原因について、あなたの分析の結果を、分析の観点を含めて800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。
  • 設問ウ 設問イで述べた分析の結果、あなたは情報システムの導入の目的を達成するために、どのような促進策を立案したか、工夫した点とともに、600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

問題は、大きく、タイトル、問題文、設問の3つから構成されています。

タイトルは「情報システム活用の促進策の立案について」という部分で、問題文はその下から設問の手前までの文章、設問は設問ア〜ウに書いてある文章のことです。

説明の便宜上こう分けます。

1.設問から採点基準を漏らさず抽出する。

設問から採点基準を漏らさず抽出します。

ここでは設問に線を引いて、どこでどんなネタを使うかを考えます。そして、解答の目次の大枠も決めますが、そんなにスッキリとは行かないので"およそ"で。

設問の流れから解答の目次を再構成すると、採点者にも採点しやすい構成になるので、なるべく設問のままで。

設問ア
  • (1) あなたが活用の促進策を立案した情報システムの概要が書かれている
  • (2) 情報システムの導入の目的について書かれている
  • (3) 事業の特性について書かれている
  • (4) 業務の特性について書かれている
  • (5) 上記の内容が800字以内で書かれている
設問イ
  • (1) 設問アで述べた情報システムが活用されない真の原因が書かれている
  • (2) 真の原因についてあなたの分析の結果が書かれている
  • (3) 真の原因に関する分析について分析の観点が書かれている
  • (4) 上記の内容が具体的に書かれている
  • (5) 上記の内容が800字以上1,600字以内で書かれている
設問ウ
  • (1) 設問イで述べた分析の結果、情報システムの導入の目的を達成するためにあなたが立案した促進策が書かれている
  • (2) 促進策の工夫した点が書かれている
  • (3) 上記の内容が具体的に書かれている
  • (4) 上記の内容が600字以上1,200字以内で書かれている

これが採点基準の大枠です。(もちろんほんとの採点基準なんて知らないので、私の予想です。)

2.採点基準に沿って、問題文から論点を構成する。

前項で抽出した採点基準に則した論点を問題文から構成します。

論点というのは、採点基準を充たす問題提起、理由と結論、起承転結などで構成される配点ポイントのことです。端的に言うと「問いに対する答え」です。

必要な論点を書き忘れる=論点落ちすると配点されないと考えられますが、だからといって書きすぎて時間がなくなったり、記述が設問の要求するレベルに達してない場合(たとえば具体的じゃない、とか)も配点されないので、注意が必要です。

設問ア
(1) 情報システムの概要

情報システムの概要を書きます。

システムの構成、用途を書いて、最後に「私は情報システムの活用促進チームリーダとしてプロジェクトに参画した」と書きました。この「ロール」は具体的な業務内容が思い浮かぶものに設定します。

また情報システムの概要については、事前にある程度使い回しの効くテンプレートを用意しておきます。

私の場合、ERPパッケージを使った新人事システムで、給与計算と勤怠管理の機能があるなど書いて、事業と業務の特性として以下のように書きました。

事業の特性
→食品製造会社であり、全国に展開しているという、事業の特性。
業務の特性
→事業所は工場であり、現場には多種多様な作業があるという、業務の特性。
(2) 情報システムの導入の目的

情報システムの導入の目的について書きます。

これは問題文冒頭に仕込んである「業務の効率向上」と「意思決定の迅速化」という2つの論点を拾います。

業務の効率向上
→全国の工場をまたがった人員を適切に配置するという、業務の効率向上。
意思決定の迅速化
→人件費の管理効率を上げることで、現場のERPを速めるという、意思決定の迅速化。
設問イ

本問は大きな構造として、「直接的な原因と対策」と「真の原因と対策」という問いの二重構造になっています。

それを考慮して答案構成する必要があるのですが、私の場合、「イ:直接的な原因を調査・検討したら、真の原因が見えてきた、ウ:そこで真の対策を検討し、直接的な対策を実施する」という答案構成にしました。

ちょっとややこしいのですが、本問のネタの配分をおおまかにまとめると以下のようになります。

(1) (2)
設問イ 直接的な原因 真の原因
設問ウ 真の対策 直接的な対策
(1) 情報システムが活用されない真の原因についての分析の観点

「直接的な原因」を分析の観点としてまとめます。ここでは問題文に書いてある「直接的な原因」をそのまま論点として展開します。

情報システムを十分に活用するためのノウハウの共有が不十分
→パソコンの使い方が判らない従業員が多い。
利用部門の管理者のリーダーシップが足りない
→パソコン嫌いな管理職が多い。
正確なデータがタイムリに入力されない
→入力内容に誤りが多い。
(2) 情報システムが活用されない真の原因についての分析の結果

「真の原因」について、問題文には「(いくつかの原因があって)それらの間に関連があったり」、「隠れた原因があったりする」と書いてあるので、この記述を使って論点を展開します。

ポイントは「関連性」と「隠れた原因」です。

関連性
→情報共有したくない人が多いという関連性
隠れた原因
→情報システム活用の必要性についての理解不足
設問ウ

設問ウでは、「真の原因」を分析した結果立案した「情報システム活用の促進策」を書きます。

「工夫した点」も書く必要があるので、私の場合、ウ-(1)で促進策の概要を書き、ウ-(2)でその具体的な内容を工夫点として書く、という答案構成にしました。

(1) 促進策の概要

促進策について書きます。

問題文には「真の原因を分析し、有効な対策を検討」した上で、「実行手順・対象範囲・期間・体制などを明確にした情報システム活用の促進策」を立案せよとあるので、この記述を論点として展開します。

ポイントは「有効な対策」と「促進策」(実行手順など)です。

有効な対策
→情報システムの必要性の意識改革をトップダウンでやる
実行手順
→実行手順のマニュアル化
対象範囲
→対処範囲を工場ごとに設定する
期間
→2週間と期間を区切って確実に実施する
体制
→情報システムの定着化支援・活用促進プロジェクトチームの編成
工夫
→現場を巻き込む工夫
(2) 促進策の具体的な内容

ここでは促進策の具体的な内容を書きます。

問題文のなかで「直接的な対策」として書かれている「情報システム活用のノウハウに関するトレーニング」、「管理者の意識改革」、「データ入力チェックリストの制定」というネタを「工夫した点」として使います。

ノウハウに関するトレーニング
→パソコンの使い方を教育する研修を、従業員の職種別に実施する
管理職の意識改革
→情報システムの必要性を徹底する。システム利用率を管理職の人事評価の指標にする
データ入力チェックリストの制定
→情報システムに入力チェック機能を追加する

と、ここまでに次の答案構成でやる内容をほとんど書いちゃってますが、実際に論点抽出でやるのは、問題文に線を引いたり、対策とかを頭で考えてメモする程度です。

本試験で私が実際にやった論点抽出という線引き・メモ作業はこんな感じでした。見にくいですが。(写真をクリックして「オリジナルサイズで表示」をクリックすると拡大して表示できます。)



設問ア〜ウまでざっと見て、問題文から論点の抽出漏れがないか確認します。なければ答案構成の作成です

3.論点をつなげて答案構成を作成する。

論点抽出時のメモ書きを「答案構成」という形で問題用紙の[メモ用紙]というページにきっちり書き起こすというのが、この「答案構成の作成」というプロセスです。

大事なのは、全体を見て分量を調整したり、流れを阻害する要素がないかを考えて論点を取捨選択することです。

要は論点抽出のまとめですが、こんな感じに箇条書きに起こします。これがそのまま論文答案の答案構成になります。

ア.(1) 情報システムの概要
    • システム名:新人事システム
    • 機能:給与計算と勤務管理
    • 採用した業務パッケージ:人事システム用のERPパッケージソフト
    • 業種:食品製造会社
    • 事業の特性:食品製造会社であり、全国に展開しているという、事業の特性。
    • 業務の特性:事業所は工場であり、現場には多種多様な作業があるという、業務の特性。
    • ロール:私は情報システムの活用促進チームリーダとしてプロジェクトに参画した
(2) 情報システムの導入の目的
    • 業務の効率向上:全国の工場をまたがった人員を適切に配置するという、業務の効率向上。
    • 意思決定の迅速化:人件費の管理効率を上げることで現場のERPを速めるという、意思決定の迅速化。
イ.(1) 情報システムが活用されない真の原因についての分析の観点
    • パソコンの使い方が判らない従業員が多い。
    • パソコン嫌いな管理職が多い。
    • 入力内容に誤りが多い。
(2) 情報システムが活用されない真の原因についての分析の結果
    • 関連性:情報共有したくない人が多いという関連性がある
    • 隠れた原因:情報システム活用の必要性についての理解不足
ウ.(1) 促進策の概要
    • 有効な対策:必要性の意識改革をトップダウンでやる
    • 実行手順:実行手順のマニュアル化
    • 対象範囲:対処範囲を工場ごとに設定する
    • 期間:一定の期間を区切って確実に実施する
    • 体制:情報システムの定着化支援・活用促進プロジェクトチームの編成
    • 工夫:現場を巻き込む工夫
(2) 促進策の具体的な内容
    • パソコンの使い方を教育する研修を、従業員の職種別に実施する
    • 情報システムの必要性を徹底する。システム利用率を管理職の人事評価の指標にする
    • 情報システムに入力チェック機能を追加する

ここまで細かく書くとたぶん時間がなくなるので、実際は自分で判るキーワードを箇条書きする程度で十分かと思います。

本試験で実際に私が作った答案構成はこんな感じでした。見にくい上に字も汚いですが。(写真をクリックして「オリジナルサイズで表示」をクリックすると拡大して表示できます。)

4. 答案構成通りに論文答案を作成する。

答案構成が完成したら八割完成です。

時間的には逆で、ここまでで40分、残りの80分で答案構成の通りに答案を書ききります。

この時間配分については、本試験開始直後に、答案構成の隅に時間配分を書いてました。

14:30-15:10答案構成
15:10-15:30〜800文字
15:30-16:10イ(1)800文字〜
15:30-16:10イ(2)
16:10-16:30600文字〜

これを書いておくのは途中で「時間がない!」ということになった場合に論点切りをしてでもウにたどり着けるようにするためです。

書いてる途中でタイムアップするとか、最低字数を満たせないというのが最悪のパターンなので、それを回避するために時計をチェックしながら、ひたすら書き続けます。

なお、答案作成中にあれ?この論点落としてね?というのに気づいても、極力止まらずに書ききります。

別のネタを思いついたり、なんか微妙に書き間違っていても、書いてる途中に答案構成を変更するのは危険です。

そのレベルの変更をするなら、答案構成時にきちんとやっておくことです。ここまで来たら、何も考えずに機械のように書ききることが大事です。

書き終わったら

最後まで書ききったら、受験番号とか選択した問題に○を付けてるか確認して、時間のある限り誤字脱字とかをチェックします。

ここまで来たらもう汚い字を書き直すぐらいで、答案構成を変更するようなことは無理なので諦めます。

この答案構成例について

なお、この答案構成例は優秀答案でもなんでもなく、私が前回の本試験時に作った答案構成を再現したものです。

おかしいところや甘いところ、記憶違いなところもありますが、「本試験の時間だとこれぐらいのことしか書けないのか」、「っていうかこの程度の解答でA評価なのか。。。!?」という感じで参考程度に見ていただければと思います。

問題集の答案例とか答案集の優秀答案って「こんな量、2時間で書けねーよ!」ってのも多いので。。。

普段の午後2の練習

普段、午後2の問題を練習で解くときは、答案構成のみ作って論点漏れしてないか確認する程度で十分かと思います。

ただし、最低一回は答案を最後まで作成して書く練習をしないと、時間配分ができません。2時間で3,000文字近く書く感覚を掴んでおく必要があります。

できれば勉強の一番最初にやっといて、あとは問題の量をこなすようにすると、2時間で書ける量しか答案構成しないように訓練できるので効率的です。

午前と午後1は?

なお、午前と午後1については、問題集を買ってたくさん解けば十分だと思います。

午前は、きちんとやるなら新試験の高度午前を網羅した情報処理教科書 高度試験午前Ⅰ・Ⅱ、お手軽にやるならポケットスタディ 高度試験共通 午前1・2対応オヌヌメ

あと、本試験で午前や午後1がメタメタだった時も、午後2を無料模試と考えて受けましょう。これ一回やると、2時間の短さが本番さながら(っていうか本番w)で経験できるのでオヌヌメです。

採点基準について

採点基準については予想するしかないですが、それを考えるヒントになるのが試験後に公表される採点講評です。

例えば、H21秋の上記問題についてIPAの採点講評.PDFから分析すると、

全問に共通して,"ユーザ企業・組織における課題への取組や問題点に対する具体的な解決策を求める問題"であり,この趣旨に沿って論述をすることが重要である。
(太字は私の加筆。以下同じ)

ここまで言い切ってるわけですから、この趣旨から外れたらA評価は難しいということでしょう。

問2(情報システム活用の促進策の立案について)では,システム活用が進まない状況や問題点の特定については具体的に論述されていた。しかし,原因分析の観点や真の原因の分析についての記述が浅いものや記述がないものが見られた。

これ言うは易し行うは難しですね。論点をこぼさない答案構成を作る練習を積んでおく必要があるということでしょう。

また,原因としてシステム要件の不備を記述したものや促進策としてシステムの機能改善に終始したものも散見された。

これSEの視点ですよね。。。

SEの目線で書くなっちゅーことですね。。。

対策としては、ITストラテジストの目線、すなわち「経営課題を解決するための施策をITを使ってどう実現するか」って視点から問題を考えられるようにすることでしょうか。

具体的には、過去問や教科書、日経情報ストラテジーとかを読んで、論点パターンをインプットしつつ、過去問をたくさん解いて=答案構成を沢山作ってアウトプットの訓練をするのが吉かと。