「Hanako [ハナコのハワイツアーズ]」

hanakoのハワイ特集号を読みました。

面白かった。

いつもと大して変わらない内容ですが、これ読むと夏休み旅行気分になります。

これ読んだ後、「Hawaii Five-0」を見たら、ギャップがありすぎる。

「生涯投資家」

村上ファンドの元オーナー 村上世彰 が書いた「生涯投資家」を読んだ。

とても面白かった。

ファンドマネージャーが個別の案件について実名をバンバン出して説明をするという一点で、他の投資本とは面白さが違う。

しかもそれがニッポン放送株や西武鉄道株とかの有名な事件の話なので、どういう経緯で投資判断をしていたかみたいな話が面白かった。

本の冒頭のコーポレートガバナンスとはみたいな話は、商法会社法の講義みたいで若干退屈だが、前口上として読みました。

後半、NGOやら飲食店の話はいろいろやってるんだなぁというのと、最後の「なぜこの本を書いたか」というのはこの本を書いた意気込みが窺えて良かった。

「Empire/エンパイア 成功の代償 シーズン3」

米国ヒップホップ音楽業界を描いたドラマ「Empire/エンパイア 成功の代償 シーズン3」を見ました。

面白かった。

テンポと音楽と登場人物が面白かったのだが、段々ストーリーの方向性がよくわからなくなってきて、特に金庫破りのシーンなんかはちょっと展開が雑だった。

「マスカレード・ナイト」

東野圭吾の新作「マスカレード・ナイト」を読みました。

イマイチでした。

読みやすいけど、ホテルの客や犯人の描写が雑で、特に最後のストーリー展開についていけなかった。

あと東野圭吾のマスカレードシリーズはドラマにしやすそうな内容だなぁと思った。

主人公の男女は誰が演じても難しくなさそうだし、ほとんどホテルの1幕もので、制作費が安くすみそうなのがプロデューサー好みというか。

って思ったら、キムタクと長沢まさみで映画化するのか、、、何のひねりも感じられない安直キャスティングだな。。。

「China Mobile 4G・3Gデータ通信無制限 香港4日プリペイドSIM」

China Mobile 4G・3Gデータ通信無制限 香港4日プリペイドSIM

China Mobile 4G・3Gデータ通信無制限 香港4日プリペイドSIM

香港旅行でチャイナモバイル(中国移動)のSIMカードを使った。空港、市街地、香港DLで使ったが、良好だった。たまに3Gになると遅くて使えない。ポイントは80分国内無料通話付き。通話は現地の番号で普通に話せた。

simカードがモバイルwi-fiルータと違うのは、安いので2枚買えるので別行動が捗る、充電する機器が1つ減る、という点が大きい。ただAPNとかアクティベーションとかのトラブル対処は自分でやらないといけないデメリットがあるが、それを補ってあまりある使い勝手の良さがある。

あとキャリアiPhoneは最初のsimロック解除が判りにくいが、一回解除できれば次回から不要。

次回は、データ通信のみのチャイナユニコムのsimカードを使ってみる予定。値段は大して変わらない。通話はあると便利だがなくても大丈夫だし、LTEの電波が強い方が使い勝手が良いので、両方試したい。

パッケージがゆるいチャイナユニコム(中国聯通)。

「NIKE ナイキ エア ズーム スピード ライバル 6」

アウトレットでNIKEのランニングシューズが安かったので買ったら、ネットの方が安かった。

でもまぁ試着してその場で買うというのは楽しいので、少しの差額なら許容範囲内だと思う。

早速履いてジョギングしてみましたが、特に問題なく軽くて良かったと思います。

「犯人に告ぐ」

犯人に告ぐ 上 (双葉文庫)

犯人に告ぐ 上 (双葉文庫)

警察ミステリ小説「犯人に告ぐ」を読みました。

面白かった。

劇場型犯罪に対抗する劇場型捜査というテーマの警察ミステリで、最後まで楽しく読めましたが、長い割にストーリーの緩急がない気がしました。

あと映像化しやすそうだなぁと思いました。