「ヒップホップ・エボリューション シーズン1」

www.netflix.com

「ヒップホップ・エボリューション シーズン1」を見た。

面白かった。

70年代、80年代、90年代のヒップホップの歴史を当時を知る人物へのインタビューと、再現ドラマか当時の映像かよくわからない映像で振り返る。

NETFLIXの番組ってドキュメンタリーとドラマの区別が付けにくいけど、これはドキュメンタリー。

私がヒップホップをリアルタイムで知ったのは、ドクタードレがNothing But a G Thangを出したときで、アルバムクロニックを買ったけど、よくわからなかった覚えがある。

www.youtube.com

この番組もシーズン1はドクタードレがクロニックを出したところで終わるので、私がヒップホップを知ったあの時までの歴史がつながった感じがして、面白かった。

ドクタードレーはこのあとBeatsを設立してアップルに買収されて、更に億万長者になって、スヌープドッグはヒップホップの重鎮になるんだよなぁ。。。すごい。

この番組見ると、ドラマ「Empire 成功の代償」は荒唐無稽ではなく割とこの業界まんまという気がする。

「幕が上がる」

映画「幕が上がる」を見た。

面白かった。

さすが本広克行監督、青春群像コメディがうまい。

ところどころわざとらしい台詞や演出があるけど、全体的にちゃんと作られてる。

ももクロをよく知らないので、どれがももクロか分からなかったな。吉岡里帆はわかった。

高校演劇の世界を知らないけど、こんな人数で演出脚本以外の大道具とか照明音楽ってどうやるんだろ。

「カーズ/クロスロード」

カーズ/クロスロード」を見た。

面白かった。

カーズ2がつまらなかったので、どんな話なんだろうと思ったけど、意外なストーリーだった。

世代交代、旧世代の新しい挑戦、すげー大人な内容だったな。

気になったのはやっぱ声優かなぁ。。。ヒロインとライバルがなんか変なしゃべり方するなぁと思ったら、松岡茉優とたぶんお笑い芸人の藤森さんだろうなぁこれ。

マックイーンが勝つか負けるかどっちかなぁと思ったら、まさかの松岡茉優展開で笑った。

あと、師匠の声が、ウエストワールドの黒服の男だなと思ったら、当たってた。

そんで初めて知ったのが、ウエストワールドってエドハリスの吹き替え声優がシーズン1と2で変わってるということ。そうなんだ、、、途中から字幕で見るようになったのでしらんかった。

「SUITS シーズン7」

ドラマ「SUITS シーズン7」を見ました。

面白かった。

特に最後は今までのスーツ集大成のような、展開の早いちょっと無理のある面白い脚本だった。

「TaoTronics Bluetooth レシーバー TT-BR08」

「TaoTronics Bluetooth レシーバー TT-BR08」を買いました。

可もなく不可もなく。

iPhone8に機種変更したら、イヤホンプラグがなくなったので、iPhone用のBluetooth受信機を買いました。

条件は、iPhoneなのでAAC必須、長時間バッテリー(15時間)、軽量小型という3点です。

軽くて音もまぁまぁでした。

イマイチだったのは、若干ホワイトノイズが乗る、若干安っぽい、若干でかい。

最大の欠点は、クリップがないことですが、これはクリップを別途購入して付けました。

このクリップ、ちょっと厚さがありますが、耐久性もばっちりで、服に付けることができるようになりました。

ただ、結局、長押し電源オンがめんどくさくて、これは家のパソコン用にして、iphone用のは昔から使ってるエレコムのにしました。

「ライトニング イヤホン 変換 ケーブル」

「ライトニング イヤホン 変換 ケーブル」を買いました。

数百円をケチって安い「発送地:中国(深セン)」の商品買ったら、届くまで1ヶ月かかった。。。

待ちくたびれた。

使ってみたら、一応使えはするものの、イヤホン接続でノイズが乗る。

あとちょっと挙動不審。接続状態の管理がイマイチ。

「ジ・アメリカンズ シーズン1」

ドラマ「ジ・アメリカンズ シーズン1」を見ました。

面白かった。

アメリカ人として暮らす冷戦下のソ連のスパイという設定で、登場人物やストーリーが渋くて面白い。

FBI捜査官とスパイ一家が隣同士というちょっとわざとらしい設定は、ブレイキングバッドのウォルターとハンクが義兄弟という設定みたいだな。

あとニーナ役のアネット・マヘンドルがエロい。