REGZA用のBluetooth無線イヤホンを買い増した

はじめに

液晶テレビREGZAで音声をワイヤレスで聞くため、Bluetooth無線イヤホンを使って視聴してます。

液晶テレビにはBluetooth機能はないので、Bluetooth無線イヤホン(受信機)とトランスミッター(送信機)を買って、音声をワイヤレスで聞けるようにしてます。

この無線イヤホン、音や使い勝手は良いのですが、充電が短いという問題がずっとあって、それを解消するために無線イヤホンを買い増しました。

Bluetooth無線イヤホン(受信機)

いままで受信機側の無線イヤホンは、ずっとTaoTronics の「TT-BH07」を使ってきました。

連続使用時間は5時間くらいで、映画一本くらいは余裕なのですが、海外ドラマを一気見してると途中で充電が切れてしまい、ストレスでした。

で、無線イヤホン自体そんなに高くないので、思い切って買い増しました。

買ったのは、ATGOINの「JP-565M」。

選んだ基準としては、低遅延のapt-Xをサポートしてて、ごつくないデザイン、かつ、連続再生8時間以上。

早速1ヶ月ほど使ってみましたが、高音質・低遅延・長時間再生(8時間程度持ちました)の三拍子揃った、いいイヤホンでした。

まぁTaoTronics の「TT-BH07」はもう2年くらい酷使してて、バッテリーがヘタってきてる気もするので、無理はないかと思います。

これからはメインをATGOIN「JP-565M」、スタンバイ機としてTaoTronics「TT-BH07」を使います。これで電池が切れても一気見を続けられます。

トランスミッター(送信機)

テレビ側に付けるトランスミッター(送信機)は、ずっとTaotronicsの「TT-BA09」を使ってます。

これ2年くらい前に買ったのですが、いまだにベストセラーとして売れ続けてるという、すごいトランスミッターです。

このトランスミッターの特徴は、低遅延のaptXに対応してることと、高音質の光デジタル入出力に対応してるところです。

光デジタル入出力なので高音質で楽しめます。

遅延については、日本語のドラマ、ライブとかを見ても、セリフやテンポがずれて聞こえるということもなく、遅延はほとんどないです。

専用イヤホンの方がペアリングが便利

今までは、無線イヤホンの電池が切れたら、モバイルバッテリーで充電しながら使い続けたり、スマホ用の無線イヤホンを使ってテレビを見てたのですが、どちらもイマイチでした。

モバイルバッテリーで充電しながら使うと、充電が追いつかないらしく、すぐまたバッテリーが切れる。

スマホ用の無線イヤホンをテレビで使うとなると、いちいちペアリングしないといけないのが、めんどくさい。

テレビ専用イヤホンを用意しておけば、イヤホンのスイッチ入れればすぐ聞けるので、便利です。