読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ラプラスの魔女」

東野圭吾の小説「ラプラスの魔女」を読みました。
可もなく不可もなく。
相変わらずの読みやすさだが、探偵役が刑事と教授の2人、ヒロインも含めれば探偵役が3人いるのに、読者の代わりになるワトソン役がいないため、登場人物の関係が把握しづらい。
また、主役、ヒロイン、悪玉の3人とも変な性格なので、ストーリーが若干破綻気味。
唯一面白かったのは叙述トリック