読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「マスカレード・イブ」

東野圭吾の小説「マスカレード・イブ」を読んだ。
可もなく不可もなく、という感じだった。
前著「マスカレード・ホテル」の前日譚という短編集だが、トリックも人物描写もいまいちなので、あっさり読めた。
非常に軽い感じの短編集という感じ。
今の東野圭吾の勢いならいきなり文庫で出さずとも、そこそこ売れた気がする。