読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「顔 FACE」

横山秀夫の警察短編集「顔」を読んだ。
面白かったがあまりストーリーの盛り上がりがなかった。
婦警というものを似顔絵描きを通じて語った短編集だった。
安定した警察小説の面白さなんだが、この人の小説は警察機構の悪い部分にスポットを当てるのが上手なので、この人の小説を読めば読むほど警察官僚がクズに見えてくる。