「老人Z」

大友克洋監督、江口寿史キャラクター原案のアニメ映画「老人Z」を見た。
可もなく不可もなく。
「ロボットと美少女」という今も昔も変わらないモチーフで、暴走するロボットを止めるために奮闘する美少女という、陳腐なストーリー。
20年以上ぶりに見たのですが、当時もあんまり面白くなかったのですが、23年ぶりに見てもあんまり面白くないですね。
このアニメ、1991年頃に開催された江口寿史のイラスト展で買った福袋にパッケージビデオが入っていたのを見て以来なので、23年ぶり。
映画「AKIRA」と比べちゃいけないんですが、AKIRAは台詞を暗記するくらい繰り返し見たのですが、老人Zは一回見れば十分って感じでした。
☆☆☆★★