読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「30代で知っておきたいお金の習慣」

読書 ☆☆☆☆☆

「30代で知っておきたいお金の習慣」を読んでみました。

2010年代を生きる30代にとっての「お金」について、非常に判りやすく書いてある良著でした。もうとにかく判りやすい。それに尽きます。

あと網羅性。この手の本は、生命保険やマイホーム、貯金術や投資術みたいにばらばらなテーマでそれぞれ著作が書かれていることが多いのですが、それらをひとまとめにして「俯瞰」できるところが良かったです。

例えばお金を貯めるには、以下の3つを守ればいいと挙げています。

  1. 先に積み立てでお金を貯め、その残りで生活していること
  2. 保険と住宅ローンで、お金を無駄に減らしていないこと
  3. 男女とも、できるだけずっと仕事を続けること

シンプルです。あとはマイホーム系の話だと、

  • 親世代とはマイホームの買い方は違う、値上がりを見込んで買い急ぐなんて愚の骨頂
  • 30代でついの住み処を選ぶのは危険。住宅の寿命も考慮して、頭金ためて40代で買うのがベスト

というのは新しい考え方だった、みたいなことをtwitterに書いたら、「使い潰すために家を買うのもイイ!」ってreplyが来て、なるほどなーとか思いました。また、

  • 私立中学へ行く層が多く住んでる地域はなんとなく受験ムードに流されやすいの避けた方がべたー!

って言える人はなかなかいない。教育環境原理主義は根強い。

  • 積み立て預金の経験は、ローン返済のシュミレーションにもなるし頭金にもなって一石二鳥
  • 物件価格の3割+200万ためて、2割頭金、1割諸経費、200万は生活防衛資金
  • 60歳の時のローン残高を知ってる人は5%もいない

という話も具体的で判りやすかったです。保険についても、

  • 変額年金保険(払い込み保険料の最低保証付き)、保険と名はつくが中身は投資信託。
  • 払った保険料は値動きがあるはずなのに、元本保証されている。
  • 一見オトクに見えるが仕組みは複雑。結局利息ゼロの可能性大。
  • 手数料も毎年3%程度とかなり高い。

みたいな話は、まぁそうだろうなという話でした。それでもグロソブが爆売れする世の中ですから、こういうの買う人は多いんだろうと思います。

  • 保険は、必要な時期に必要な保険を選んで加入する

という話もなるほどなぁという感じでした。
その他にも、タイトルにある「30代で知っておきたいお金の習慣」がおよそ網羅されていると思いました。エッセンスについては、不安な時代に知っておきたい たった3つの「お金」の習慣|30代で知っておきたい「お金」の習慣|ダイヤモンド・オンラインで読めます。
☆☆☆☆☆