読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『コンフィダント・絆』@PARCO劇場

三谷幸喜の最新作『コンフィダント・絆』の幕が開いたので観に行ってきました。

19世紀のパリを舞台にした画家達の友情と嫉妬、そしてひとりの女性をめぐる物語。

2年振りぐらいのPARCO劇場だったのですが、時間を忘れる凄いお芝居でした。

とにかく、役者の演技が凄かった。

中井貴一、寺脇康文、生瀬勝久相島一之という4人の男達の演技は重厚・軽妙で見てて楽しい。更に堀内敬子さんは彼らを圧倒する、"四季"仕込みの演技・歌を披露してくれました。

脚本も三谷マニアの私が120%楽しめる内容で、笑いはもちろん、画家の苦悩を描き抜いていて、何も言うことないです。

ただただ圧倒されました。

あと、陳腐な感想になってしまうのですが、お芝居は劇場で観る方が余程楽しめる。と思いました。
手が痛くなるほど拍手しちゃいました。